空を閉じ込めた箱。
気まぐれすぎる管理人の狭い狭い箱庭。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人祭りはまだまだ続きそう。
今回は珍しーく小説なんて載せてみようと思います。
ゲーム関連で。そのうちHP側にもまとめる可能性大だけどねー。

では続きは続きで。

江川千瀬。
それが私の名前で、そして世界で一番嫌いな響きでした。

”ちせ”のはなし

私は私の名前をどうして嫌いになったのか。
深く深く考えて、小さな頃にまでさかのぼってみると一つの原因とぶつかる。
小学校。確か、3年生くらい。
男子は男子として、女子は女子として。言葉では言い表せないものの、何か決定的な違いを知り、互いが互いを避けていた頃だ。
「お前の名前、×××××」
彼は何を言っていた?
彼は何と言っていた?
それからだ。私が私の名前を嫌っていたのは。肝心の原因なんて覚えてすらいない。それでも嫌いなものは嫌い。
ねぇ、”ちせ”。あなたはどうしてそんなに大切なことを忘れてしまったの?

きっかけはそれだ。
何かが、あまりにも衝撃的で。それからの私は”ちせ”を隠しながら、ただの”女の子”として生きていた。
雑誌を開けば「これはあなたに似ているね」と言われるほどに、ありふれた女の子を演出した。
悲しいほどに没個性で、でもそれが嬉しかった。
目立たなかったら、きっと×××××とか、そんなおかしなことも言われないから。
そんな私の見通しは正解で小学生中盤から中学卒業までそれ以上は言われなかった。小学校からの知り合いには「変わったね」なんて言われたけれど。
話題の端にはいても、絶対に中心にはなりえない。そんな人生に、幸も不幸も感じなかったけれど。
私にもなりたかったものがあったんだ。
世間からはずれていると言われるかもしれないけれど、リボンやフリルのたくさんついたお姫様のような、いわばゴスロリのような、そんな服を着て、チェシャ猫のようにすべてを知って、すべてを笑う。
でもそんなことは不可能。
何故って言われても単純明快。目立ってしまう。この一言に尽きる。

高校に入学しても私は”女の子”として生きていくのだろうと誓っていた。
その頃の私は昔は悩みに悩んだそのことをもう夢にも見ないほどに磨耗していた。人から見れば悲しいことなのだろうけれど私にとってはありがたいことだった。
しかし私の誓いは数日で打ち崩された。
廊下をふと横切った、一人の少女によって。
私の高校、水谷第二高校……第一がどこに行ったのかは、知らない……は入学式、卒業式などの儀式的な予定で正規の制服を着ていればよい。それ以外は制服を元としたものを着ること、と校則にある。裏を返せばちゃんとした制服を一つ用意しておけばそれ以外を改造したっていいのだということ。
けれど少なくとも4月中は皆、まっとうな制服を着ているらしい。今年入学した私にそんなことを知る余地はないので、姉の情報だ。
日本人らしいことだ。目立って先生に目をつけられるのは嫌だ。それなら様子を見て誰かが始めたら私も始めよう。そんな感情だったのだろう。
けれど彼女は違った。入学式は校則により普通の制服を着ていた。いや、だろう。さすがに同じ服では没個性でどれが誰か、なんて覚えてもいない。たまたま通り過ぎた彼女はすでに制服を自分の好みに変えていた。今まで私の周りに彼女のような子はいなかった。やはり私と同じく没個性な子ばかりだったのだ。
言葉にはしがたい、衝撃的なものを感じた。同時に、私が”千瀬”を思い出した瞬間だった。”千瀬”の欲求はただ一つで、他人と同じでありたくないだけ。
彼女と友達になろう。
そうしたら、私は”千瀬”に戻れる。そんな気がした。

「……で、結局なにを言われたんだろうねぇ」
お昼時。ちょっと軽い話として昔話を、主に前半部分の小さい頃だけを、彼女に話してみた。
「それがね。最近思い出したんだけど、すごーくくだらなかったんだな、これが」
目を閉じてふるふると頭を振る。
「『お前の名前、水に関するのばっかりだな』みたいな、そんな内容。正確になんて言われたか、までは覚えてないんだけどなー」
そう、本当にくだらないことだった。
「『江』に『川』に『瀬』。うー、本当にさんずいばっかりというか。ここまでくると『千』もなんとかして欲しかったな」
「浜渡みたいだね」
彼女が軽く笑った。
”ちせ”はあの日に死んで、そこからはずっと”女の子”。ようやく私は”千瀬”として生きることが出来ました。それは他でもない、あなたのお陰です。
けれどもそれは口にせず、でしょう?と笑ってみせた。
もしもあなたが……ありえないけれど、困ったことがあるなら、助けようと誓っている。もちろん私が面白いと思った方向にだけど。
それでも江川千瀬はいつまでも綾香の味方です。



以上、「”ちせ”のはなし」でした。
名前が水っぽいものばっかりだなぁと思ったので、つい。
ついで適当書かれちゃうちーちゃんかわいそす。

スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kanonstanza.blog105.fc2.com/tb.php/422-cb057eb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

花音 梨乃

Author:花音 梨乃
気まぐれ飽きっぽい管理人です。
小説を書いたり絵を描いたり何にでも手を出す忙しい奴。
ソラハコ。の中身。
本気出す、明日から。
気分的に作業進度メーター
シナリオ  ●●○○○
イラスト  ●○○○○
音楽    ●○○○○
プログラム ◎○○○○



ついった

いたりいなかったり。



積みゲー一覧

プレイ中
魔界戦記ディスガイア2 PORTABLE
 ようやくレベル1000を見れたよ!嬉しい!
ゼルダの伝説 時のオカリナ3D
 ゼルダのオカリナを入手しましたが「大人になると土下座できないし」と放置中。
スーパーポケモンスクランブル
 遠くからみみちく攻撃当ててます。
タッチ!ダブルペンスポーツ
 バスケとアーチェリーが異様に下手で泣きたい。
モンスターハンターポータブル 3rd
 連続爆弾魔とは私のことよ。
GOD EATER BURST
 隙あらば飛ぼうとする重力無視者。
ルーンファクトリー3
 2→3でここまで進化できるものなのか……!

-------------
IN
ぽかぽかアイルー村G
トウマさああああああん!久しぶりだねえええ!

-------------
OUT
逆転裁判3
 追求BGM聞いてたらやりたくなっちゃったてへっ。
太鼓の達人ぽ~たぶるDX
 裏譜面とかリズム取れへんがな。
ブラックロックシューター THE GAME
 戦闘終了後はオーバーヒートさせたくてしょうがないシュッシュッ
パタポン2 ドンチャカ
ポンパタの歌でもっぱら逃げ腰プレイ



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ

01  11  09  03  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



カウンター



送ってみる?

名前:
メール:
件名:
本文:





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。